ページの先頭です。
ここから本文です。

顧客データをマーケティングに活用できていますか?従来のビジネスモデルを大きく変えるテクノロジーやサービスが登場し、企業を取り巻く事業環境が大きく変化しています。企業はそのような変化に対し、顧客経験価値を向上させるデジタル戦略を検討することが非常に重要になっています。

データ、アナリティクス、
戦略・業務・人材の視点で診断

1分でわかる顧客データ活用度 診断を開始する!
無償診断

競争力の源泉は、顧客データを活かしたビジネスのデジタル化

UberやAirbnbをはじめとする新興の成長企業は、例外なく第3のプラットフォーム
(クラウド、モバイル、SNSなど)を活用した新しいビジネスモデルを展開しています。
これからの企業は、さまざまなチャネルから収集した、多様な顧客データを活用して
ビジネスのデジタル化を進めることが、競争力を高める重要なポイントとなります。

収集・統合 ヒトやモノの振る舞い情報も含めた顧客データの統合、分析 顧客のクラスタリングと嗜好の特定・行動予測、対処・経験 個客にあわせたレコメンドや感動体験

デジタル時代の企業は、商品・サービスが直接的に顧客にもたらす満足度ばかり
追い求めるのではなく、商品・サービスの購入前後に体験する
「心地よさ」「驚き」「感動」「発見」などにつながる真の顧客価値に立脚した
『顧客経験価値(CX)』を提供することが求められています。

あなたの会社は、あらゆる顧客データを収集・分析し、『顧客経験価値』の向上に活かせていますか?

CXデータの活用度がわかる!CX高度化に向けたアクションを明確に!
1分でわかる顧客データ活用度 診断を開始する!

チェックは1分で完了

20項目の設問に答えるだけで、
あなたの会社のカスタマーエクスペリエンス(CX)取り組み状況を診断。診断結果をもとに、今後の対策やポイントをご紹介します。

診断結果サンプル あなたの会社の取り組み度がわかる! 結果に応じた有効な対策をご紹介!
診断をされた方に限定特典 本診断を実施した方を限定に、顧客データをはじめとした様々なビッグデータを活用した事例集「ビッグデータ・アナリティクス活用事例集」をプレゼント!
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る